【クラウドソーシング体験談】ブログ運営は楽しいのにライティングはつまらないと感じた理由

【クラウドソーシング体験談】ブログ運営は楽しいのにライティングはつまらないと感じた理由

時代の流れからか、ネット上では最近、副業をしている方が多いような気がします。

副業について調べてみると、「クラウドソーシングでのライティングは誰でも気軽にできる」という意見がたくさんあるため、「まずはライティングから…」という気持ちで副業を始める方もいるのではないでしょうか?

私もその中の一人で、”時間と場所に縛られない自由な働き方”を目指していることもあって、ネット上で稼げるWebライティングには興味をもっていました。

で、実際にクラウドソーシングサイト『クラウドワークス』でライティングをやってみたことがあるのですが、「つまらない」というのが正直なところです。

「ブログで記事を書くのは楽しいのに、なんでライティングはこんなにつまらないのか…」という感じでした。私には向いてないことが分かったので、今後ライティングを副業とすることはないと思います。

今回は、私がライティングをつまらないと感じた理由について。

ライティングは気軽にできるって聞いたから始めてみたけど、つまらない
記事を書くのがしんどいし、苦痛とさえ思う
そもそもクライアントから指示されるテーマに興味がもてない
そのうち面白さが分かってくるのかな?このままライティングを続けるべき?

という方の参考になれば幸いです。

結論から言うと、つまらないものを無理して続ける必要はないよ!というお話になります。

ライティングは気軽に始められるが、向き不向きがある

ライティングは気軽に始められる。

これは事実です。作業内容はいたって簡単ですし、PCがあってタイピングができれば、誰でも仕事に取りかかれます。お小遣い程度であれば、すぐにでも稼ぐことができるでしょう。

しかし、どんな仕事でも当然、向き不向きがあります。気軽に始められるからといって、誰にでもできる(向いている)わけではないのです。

そして、私には向いていませんでした。

その理由を次から紹介していきます。

私がライティングをつまらないと感じた理由

「自分が書きたいもの=クライアントが望んでいるもの」とは限らない

クライアントが望んでいるものがあり、「こういうテーマでお願いします」という要望に対して記事を書きます。

副業とはいえ仕事なので、クライアントの要望に応えるのは当然ですね。

なので、必ずしも自分が書きたいものが書けるとは限りません。むしろ、そんなケースは皆無と言っていいでしょう。

私がブログ運営を楽しいと思うのは、”自分が書きたいテーマ”かつ”ニーズがありそうな記事”を書いているからです。書きたいテーマを書くからこそ文章に個性が出ますし、そこがブログの魅力だと考えています。

それに比べ、クラウドソーシングで書いてきた記事の全ては、クライアントの要望を満たすためのもの。

「少しでも興味がもてるテーマを…」と案件を選んできたつもりでしたが、それは本当の意味で私が書きたいものではありませんでした。

興味のないテーマについてリサーチするのがしんどい

先ほど書いたように、ライティング案件は必ずしも自分が書きたものが書けるわけではないです。

なので、「興味のないテーマについてリサーチしなければならない」なんてこともあります。

私はもともと”リサーチ力”に欠けるため、興味のないテーマだと余計に時間が掛かったあげく、なんとも微妙な記事が出来上がります(笑)

時間を掛けるからにはやりがいや達成感はほしいというのが本音ですが、なにせ興味がないので熱も入りません。

たとえ自分のアンテナに引っかからなくても、指示されたテーマについて「面白そう!」と感じ、率先してリサーチするぐらいでないと、ライティングをやっていくのは厳しいのではないかと思います。

納期がプレッシャーになる

どんな仕事にも納期はありますよね。

それは十分に分かっているのですが、私は納期を意識すると「やらなきゃ思考」になってしまい、作業を重荷に感じてしまうんです。

なので残念ながら、クラウドソーシングでのライティングに”楽しさ”を見つけることはできませんでした。

本業ならそんな甘いことは言ってられませんが、あくまでも副業。

せっかく自分の自由な時間を使うのだから、「無理なく、楽しくやりたい」というのが本音です。嫌々やっていても長続きしませんからね。

記事(コンテンツ)が自分のものにならない

納品して報酬をもらったら終わり、という流れに「なんだかあっさりしてるな…」という感想を抱きました。

納品した瞬間、苦労して書いた記事がクライアントのものになってしまうんですよね。当たり前ですが。

ブログ運営では、自分が書いた記事はもちろん自分のものになるので、少しずつコンテンツが成長していくことに面白さを感じる瞬間があります。10、50、100…と記事数が増えていくことで達成感を得られますし、PVが集まり、多くの読者が訪れるのは本当に嬉しいです。

しかしライティングには、ブログで感じたような喜びや達成感、やりがいのようなものは感じられませんでした。

それは、自分で書いた記事にも関わらず、自分の手元に残らないからです。

つまらないことを無理に続ける必要はない

ライティングってつまらないな…」と思っている方に言いたいのは、つまらないことを無理に続ける必要はないということ。

その時間を、他の楽しいことや興味あることに割いた方が有意義だからです。

もしかしたら、私もあなたもまだライティングの楽しさを知らないだけで、続けていくうちに「楽しい」と思えるようになるのかもしれません。しかし、「じゃあそれはいつ?」と問われると、誰にも保証できないわけです。

先が分からない以上は、自分に向いていないものを無理して続ける必要はないですし、ひたすら耐えることには何の意味もないと考えています。

そもそも、ライティングは働き方の一つに過ぎません。

クラウドソーシングでライティングを始める方の多くは、おそらく「空いた時間を使って稼ぎたい」「会社に縛られない自由な働き方がしたい」といった目的があるかと思いますが、今の時代、働き方は多種多様です。

例えば、”ネットで稼ぐ方法”なんて探せばたくさんありますから、なにもライティングにこだわる必要はないのです。

詳しくは、以下の記事を参考にしてみてください。クラウドソーシングについても書いていますが、先述したように、あくまでも働き方の一つに過ぎません。

 

まとめ

クラウドソーシングをやってみた経験から、ブログ運営は楽しいのにライティングはつまらないと感じた理由を書きました。

まとめると、

  • 「自分が書きたいもの=クライアントが望んでいるもの」とは限らない
  • 興味のないテーマについてリサーチするのがしんどい
  • 納期がプレッシャーになる
  • 記事(コンテンツ)が自分のものにならない

結構わがままなことを言っていますが、ライティングをやってみて感じたことを正直に書きました。

つまらないものを無理して続ける必要はない、というのが私の持論であり、「何が好きで何が嫌いか」は大事にしたいと思っています。

この記事を読んでいるあなたがライティングをつまらないと感じているのであれば、なにもライティングにこだわらず、自分に合った働き方を探してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)