HSP×人間関係

相手の顔色を窺ってしまう人に気づいてほしい、たった一つのこと

相手の顔色を窺ってしまい、いつもビクビクしている
会話中に相手の表情が曇ると、自分が間違っているんじゃないかと不安になる
あの人に嫌われたかな?と心配になってくる

という方は多いと思います。

相手の顔色を窺ってばかりいると、疲れてしまいますよね。

というのも私はすごくネガティブ思考で、職場では上司の機嫌の悪さにビクビクしながら仕事をするような人間だったからです。ただ、完全に改善されたわけではありませんが、”あること”に気づいてから相手の顔色を窺うようなことは少なくなりました。

今回は、「相手の顔色を窺ってしまう人に気づいてほしい、たった一つのこと」についてお話していきます。

すごく当たり前のことですが、“あること”に気づくだけで人間関係で無駄に心配することが減りますよ。

相手の顔色を窺ってしまう人の心理

そもそも、なぜ相手の顔色を窺ってしまうのでしょう?私は、以下の3つの心理が原因だと考えています。

  1. 嫌われたくない
  2. 自分に自信がない
  3. ネガティブ思考

まず1つ目。

「嫌われたくない」または「みんなに好かれたい」という思いが根底にあると、嫌われないための行動や言動をとろうとし、結果的に相手の顔色を窺うようになります。良く言えば八方美人。悪く言えば、「誰からも嫌われない=誰からも好かれない」ということです。

次に2つ目。

自分に自信がないと、他者に答えを求めがちになります。基本的には、自分よりも相手が正しいと思っているからです。そのため会話中も、相手の表情や仕草、声のトーンの変化などから自分の発言が間違っていないかを判断するようになります。相手の表情が曇った途端、自分の発言に自信がもてなくなるという方は多いのではないでしょうか?

そして3つ目。

ネガティブ思考だと、何でもかんでも悪い方向に考えてしまいます。例えば、失言や失敗をしたとき、「もしかして嫌われたかな?」と気になって仕方ありません。ただ、ほとんどの場合は考えすぎなことが多く、相手はまったく気にしていなかったりします。

顔色を窺うのは良いこと?悪いこと?

この記事を読んでいる方は、「相手の顔色を窺ってしまうのを治したい」と悩んでいることでしょう。

ただ、顔色を窺ってしまうのは悪いことなのでしょうか?私は、良いこと・悪いことの両方があると考えています。

まずは、良いことについて。

相手の顔色を窺うことは、相手の感情を汲み取ることにつながります。感情を汲み取ることで、相手に寄り添ったり、相手を気遣ったりすることができます。それは、コミュニケーションにおいて大事なスキルだと思っています。

次に、悪いことについて。

色々な人の顔色を窺ってばかりいると、他人に振り回される人生になってしまいます。何かを行動に移すときの判断が「相手がどう思うか」という相手主体なので、”自分が”分からなくなってくるからです。

「相手の感情を完全に理解することはできない」ことに気づこう

たまに、他人の気持ちを理解した気になってる自分がいて、それってすごく思い上がりなのでは?と感じます。

「怒ってるかな?」
「機嫌が悪いのかな?」
「嫌われたかな?」

というのは、あくまでも「相手の表情や仕草、声のトーンといった情報をもとにした推測」でしかありません。こちらの推測が合ってるかもしれないし、間違ってるかもしれないのです。

相手がどう思っているのか、何を考えているのかを知りたければ、本人に聞くしかありません。ただ、それは現実的ではありませんよね。

つまり、相手の感情を完全に理解する手段はないということです。

こちらがいくら悩んだところで、ただの勘違いかもしれません。また、そもそも相手はこちらのことなんか何とも思っていないのかもしれません。

相手の感情を汲み取ろうとすることは大事ですが、いきすぎると自分を見失ってしまいます。

相手の顔色を窺ってしまう人は自分軸で生きてみよう

相手の顔色を窺ってしまうのを治したいなら、自分軸で生きる練習をしてみましょう。

自分の感情に従い、自分のやりたいことをするのがオススメです。

例えば、

  • 周囲の人間が残業してても、自分の仕事は終わってるなら定時で帰る
  • 仕事終わりにゆっくりしたいなら職場の飲み会は断る
  • 遊びに行きたい場所があるなら友達に付き合ってもらう

など、何でも構いません。

大事なのは、「相手に〇〇だと思われるから」ではなく「自分が○○だと思うから」という理由で行動することです。自分の意思で行動することで、「相手の顔色を窺ってばかりの人生はもったいない」と感じるようになります。

あまりにも生きづらいならHSPかもしれない

もし、周囲の顔色を窺ってしまうことで日常的に生きづらさを感じているであれば、HSP(敏感気質)かもしれません。

とくに以下のような人はHSPの可能性が高いです。

  • 小さい頃から親の機嫌をとり、怒られないようにしてきた
  • 怒りや悲しみといったネガティブな感情にとくに敏感
  • 他人の表情や仕草、声のトーンなどの変化に気づきやすい

HSPは繊細であるがゆえに他人の感情にも敏感なので、結果として他人の顔色を窺ってしまう傾向にあります。

HSPについては以下の記事に書いてありますので、よかったら読んでみてください。

 

おわりに

ネガティブ思考の人ほど色々と考えてしまいますが、気にしすぎや、勘違いであることが多いです。なぜなら、相手の表情や仕草、声のトーンといった情報をもとに相手の感情を推測しているに過ぎないからです。

「相手の感情を完全に理解することはできない」ことに気づくと、人間関係で無駄に心配することが減ります。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。