私生活での時間管理をやめたら”今”を楽しめるようになった【ストレスからの解放】

私生活での時間管理をやめたら”今”を楽しめるようになった【ストレスからの解放】

あなたは時間管理をしていますか?

仕事では生産性向上のためにやっているという人もいるでしょうし、それの延長で、私生活の時間の使い方も記録しているという人もいるかもしれませんね。

今回は、私生活での時間管理をやめたら”今”を楽しめるようになった、というお話です。

時間管理がストレスになりつつある」という人は、ぜひ読んでみてください。

時間管理とは

「時間管理」といっても方法は色々あるので、今回はタイムトラッキング(=時間計測)することを時間管理と呼ぶことにします。

タイムトラッキングとは簡単に言うと作業時間を記録することで、「どの作業にどのくらいの時間を使ったのか」を把握して効率化を図る手段です。もしかしたら、私生活で実践している人もいるかもしれませんね。

ちなみに私は「TaskChute Cloud」というツールを使い、日々の時間の使い方を計測したり、作業の見積もり時間を算出してスケジューリングしたりしていました。

私生活でも時間管理しようとしたらストレスに

私生活で色々とやりたいことが増えてきたものの、自宅だとどうしてもダラケてしまうんですよね。

なので「これは時間の使い方を見直す必要があるなー」と思い、時間管理をすることに。

  • 食事や買い物などの生活的行動をしている時間
  • 会社にいる時間
  • ブログを書いている時間

あらゆる時間を計測していて、はじめは自分の行動が”見える化”されていくことが面白かったです。しかし、次第に「時間に追われている感」が強まり、かえってストレスになってしまいました。

私生活では上司に怒られることもなければ、タスクに納期があるわけでもないのに、「こんなことをしてる場合じゃない」「何か行動しないと」と焦りを感じるんです。

ということで、ストレスになりつつある時間管理をやめてみることにしました。きっちり管理するのは、自分の性に合わないと気づいたからです。

時間管理をやめたら”今”を楽しめるようになった

結論から言うと、時間管理をやめたら”今”を楽しめるようになりました。

というのも以前は、趣味や娯楽などに時間を費やすことに罪悪感を抱いていたんですよね。とくに私の場合はアニメやマンガなどのコンテンツを消費するだけの趣味が多かったので、「その瞬間は楽しくても将来的にプラスにはならない」と考えると、素直に楽しむことができませんでした。

生産性を意識するあまり、「こんなことしていて大丈夫かな?」「これって意味あるのかな?」なんて余計なことを考えて、注意力が散漫になっていたんです。

「時間管理をした方が適度に緊張感を保てるし、”今”この瞬間に集中できる」と思っていましたが、私には逆効果でした。

いま思うと、趣味や娯楽って本来なら”楽しむこと”が目的なので、「将来に活かせるか」とか「仕事の役に立つか」とかはどうでもいいんですよね。もちろん将来的にプラスになった方がいいですが、必ずしも役立てる必要はないわけです。

時間管理をやめてからというものの、趣味にしろ娯楽にしろ、ただボーっとする時間にしろ、”今”を楽しめるようになりました。

私生活での時間管理は程々に

仕事で生産性向上のために時間管理をしている人は結構いると思います。私も実践しているからです。

ただ、私生活の完全に自由な時間すらも管理しようとすると、かえってストレスになるというのを学びました。

とくに私の場合は完璧主義な性格が災いして、「きっちり分単位で管理したい!」なんて欲が出てしまったんですよね。

でもそれは現実的ではないですし、そんなことをすれば、それこそ”時間に追われている状態”になってしまいます。

自分の行動を振り返って次に活かすために時間管理するのはいいと思いますが、何事も程々が一番だと実感しました。

時間管理にストレスを感じたら一旦やめてみよう

この記事を読んでいる方は、もしかしたら時間管理にストレスを感じているのかもしれません。

そんなときは、一旦やめてみることをオススメします。

  • 何のために時間管理をするのか
  • 時間管理に対して何を求めているのか

が見えてくるからです。

私の場合、最初はきっちり時間管理しようと思い、睡眠や食事などの生活に費やす時間まで計測していました。が、そこまでする必要はないと気づいたんですよね。現にストレスを感じていたわけですから。

今では、その日に最低限やるべきことをリスト化して、その作業にどのくらい時間が掛かったのか記録しています。私にとっては、そのくらいザックリしている方が性に合っているからです。

もし時間管理にストレスを感じてしまうようであれば、一旦やめてみることをオススメします。

おわりに

時間管理をやめてみて気づいたことを書きました。

時間管理をしていた頃は生産性を意識するあまり、気持ちに余裕がなかったですが、今となっては”この瞬間”を楽しむことができています。

この経験から学んだのは、ストレスを感じるほどの時間管理には意味がないということ。

焦らず、自分に合ったやり方を模索していきましょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)