【異業種からの転職】未経験でSEになることは可能か?現役SEが答えます。

どうも、シラカワサト(@shirakawa_sato)です。

近年、技術の進化に伴ってIT業界が注目されるようになりましたね。

その影響でIT業界に憧れ、「未経験だけどシステムエンジニア(以下、SE)になりたい!」という人もいるでしょう。一方で、「本当に未経験でSEになれるの?」と疑問に思うかもしれません。

そこで今回は、現役SEである私が

  • 「異業種からの転職だけど、未経験でもSEになれる?」
  • 「求人を見て思った。どこからが「未経験」なの?」
  • 「文系出身でも大丈夫?SEって理系の仕事なんじゃない?」
  • 「未経験でSEを目指す場合、会社選びで重視すべきポイントは?」
  • 「プログラミングの勉強はしておいた方がいい?」

といった疑問にお答えします。

異業種からの転職だけど、未経験でSEになれる?

結論から言うと、未経験でもSEになることは可能です。

なぜなら私がそうだったから。私は新卒で入った会社(別業界)を一年未満で辞め、今の会社に転職してSEになりました。

IT業界は技術の進化に対して人材が不足しているので、未経験でもOKという会社は多いです。これは、実際に求人を眺めてみたら分かると思います。

なので、異業種からの転職でSEになること”は”可能です。

というのも、入社してからSEとして成長し、活躍できるかは本人のやる気次第というのが実情です。どの仕事もそうだと思いますが。

ただIT業界の場合は、先人たちが築いてきた技術を学ぶのはもちろん、日々進化し続ける新たな技術も学んでいかなければなりません。ちょっと大げさに言うと、業界にいる限りは一生勉強し続けていく覚悟が必要なんです。

それはさておき、結論としては未経験でも「SE」という職に就くことはできます。

求人でよく見る「未経験」の定義って?

求人を眺めていれば、「未経験OK」「未経験歓迎」と記載している会社をよく見かけるでしょう。

どこからが「未経験なの?」って思いますよね。私も転職活動中はそう思っていました。

一般的には、実務経験がない人を未経験とするみたいです。なので今回の場合は、「一度でもSEとして働いたことがない人」を未経験といいます。

大学でプログラミングを学んでいようが、趣味でやっていようが、実務経験がなければ未経験というわけです。

文系出身でもSEになれる?

プログラミングは理系の分野だから、文系には無理なんじゃないか…

と不安に思う人もいるでしょう。

実際、あまり関係ないですね。

がっつりとプログラミングする段階になったらロジックを考える必要があるので、理系で培った論理的な思考力が有利に働くかもしれませんが、未経験ならスタート地点はみんな同じだからです。

知り合いでも文系出身でSEになったという人はいますし、私の同期には理系出身者は一人もいません(私を除く)。

むしろSEは顧客とのやり取りがそこそこあるので、一般的にコミュニケーション力があるといわれている文系だからこそ、能力を発揮できることもあります。

未経験者が会社選びで重視すべきポイントは?

これは「技術研修が充実している会社」ですね。

勤務地や福利厚生といった労働条件は、もちろん自分が納得できる範囲で選ぶべきですが、未経験でSEを目指すなら技術研修が充実している会社を探しましょう。

未経験だと、

  • 何をどう勉強すればいいか分からない
  • 現場に配属されて、ついていけるのか…

といった不安があると思うので、主に技術面でしっかりサポートしてくれる会社が理想です。

求人内容をよく確認するのはもちろん、機会があれば採用担当者に研修内容を聞いておくといいでしょう。

例えば、

  • 研修はみっちりやるのか
  • それとも短期間でサクッと終わらせるのか
  • カリキュラムはどうなっているのか

といった感じです。

プログラミングの勉強はしておいた方がいいの?

がっつり勉強する必要はありませんが、「プログラミングに慣れる」という意味では勉強しておいた方がいいです。

あらかじめ勉強しておくとプログラミングへの抵抗がなくなり、研修もスムーズに入れるので。

できれば希望する会社が開発で使うであろう言語を聞いておいて、その言語を勉強しておきましょう。それか、自分の興味がある言語(個人的にはJavaがオススメ)を勉強するといいと思います。

勉強の方法としては、入門書を一冊ぐらいは消化しておくとプログラミングに抵抗がなくなります。ただ読むのではなくて、実際に手を動かしてコードを打ち込みましょう。

私は研修時代、以下の参考書を使ってプログラミングの勉強をしていました。もしJavaを勉強するならオススメです。

って言われても、独学だとどんな感じで勉強していけばいいか分からないな (T_T)

という方には、プログラミングスクールをオススメします。

私が転職するときはスクールには通っていませんでしたが、本気でIT業界への転職を目指すならアリですね。オンラインなら自宅にいながら学習ができるので、平日は忙しい社会人でも無理のない範囲で取り組めるのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

SEを目指すなら、PGとSEの違いは理解しておこう

もしSEを目指すのであれば、PG(プログラマ)との違いは理解しておいた方がいいです。

というのも、「がっつりプログラミングしたい人」がSEになると、入社後に「思ってた仕事と違う」とギャップを感じてしまう可能性があるからです。

2つの違いを簡単に説明すると、

SE:システムの設計を行う。顧客とのやり取りが多め
PG:SEが作成した設計書をもとに開発。

といった感じです。

詳しくは、こちらのサイト(https://mynavi-agent.jp/it/geekroid/2017/04/post-20.html)が参考になります。

会社によってはSEとPGの境界が曖昧で、互いの領分の作業を行うこともありますが、2つの違いを理解したうえで入社した方がいいでしょう。

「ガンガン開発したい!」という人がSEとして入ると、もしかしたら物足りなさを感じるかもしれません。

おわりに

異業種からの転職でSEを目指している方に向けて、色々と書きました。

未経験だと心配になることも多いと思いますが、極論としては、やる気があって会社選びを間違えなければ何とかなります。

「これからSEになろう!」という方の不安や疑問が解消されたなら幸いです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)