HSP×人間関係

話すだけがコミュ力じゃない。内向型らしいコミュニケーションのとり方

うまくコミュニケーションがとれずに悩んでいる内向型の方は多いと思います。

もしかしてあなたは、

  • がんばって話そうとするけど会話が続かない
  • もっと外向的でありたい
  • コミュニケーション力を身につけたい

といった悩みを抱えていませんか?

今回は、内向型らしいコミュニケーションのとり方についてお話しします。

コミュニケーションに自信がない人ほど「話せる=コミュニケーションが上手」と勘違いしがちですが、話を”聴く”のも立派なコミュニケーションですし、もしかしたら内向型の人は既にそれができているかもしれません。

内向型がムリして外向的であろうとすると疲れてしまう

  • 「もっと外向的になりたい」
  • 「もっと外向的であるべきだ」

そう思っている内向型の方は多いでしょう。

しかし、内向型がムリして外向的であろうとすると疲れてしまいます。

なぜなら、自分に適していないコミュニケーションのとり方をしようとするから。

  • 周りに合わせて無理やりテンションを上げたら疲れてしまった
  • 沈黙に耐えられず発言したら、空回りしてしまった
  • ベラベラと話すのは自分らしくない気がする

といった経験はありませんか?

内向型の人がコミュニケーション力を身につけたいのであれば、自分らしいコミュニケーションのとり方を知っておく必要があります。

話すだけがコミュニケーションじゃない

うまくコミュニケーションがとれないことで悩んでいる方は、もしかしたら「がんばって話さなきゃ・・・」なんて思っているのではないでしょうか?

しかし、”話すだけ”がコミュニケーションではないと私は思います。

コミュニケーションとは交流であり、お互いに意思疎通ができて初めて成り立つものだからです。

つまり、相手の話をしっかりと聴くのも立派なコミュニケーションなんですね。

「自分は話すのが上手くないし・・・」と悲観的になる必要はありません。

ちなみに私の経験上、「自分はコミュ力がある」と自信満々な人ほど自分の話ばかりで、相手の話を”聴く”ことができていない印象です。

内向型らしいコミュニケーションのとり方は”聴く”こと

相手の話を聴くのも立派なコミュニケーション」だと書きました。

内向型らしいコミュニケーションとは、”聴き役”に徹することなんです。

というのも内向型は、「自分の考えをアウトプットするのに時間がかかる」傾向にあるから。

誰かと一緒にいるとき、

  • 「何を話せばいいか分からない」
  • 「ちゃんと話せる自信がない」

と思った経験はないでしょうか?

これは、何かしら話を切り出そうとして思考がグルグルしている証拠なんです。

でもそんなとき、がんばって話そうとする必要はなく、聴き役に徹するのもアリだと私は思っています。

あなたが気づいてないだけで、「聴き上手」というのも内向型の強みだからです。

内向型×外向型のコミュニケーション

聴き役に徹するとなったとき、相手が外向型であれば、コミュニケーションをとることは難しくないかもしれません。

なぜなら、相手が話題を提供してくれるからです。

実際、外向型の方と話していると会話が途切れることがありません。

内向型の中には、「むしろ相手から話してくれた方が気が楽」という人もいるのではないでしょうか?

内向型×内向型のコミュニケーション

ちょっと難しいのが、内向型同士のコミュニケーション。

おそらく、どちらも話題を提供するのが苦手なので会話が途切れやすく、気まずい雰囲気になりがちです。

「いまいち会話が弾まず、なんだか気まずかった」という経験はあると思います。

ただ先ほども書いたように、内向型がムリして外向的であろうとすると疲れてしまうので、それはよくないです。

内向型同士の場合はどうしようもないので、うまくコミュニケーションをとれなかったとしても、自分を責めないことが大事です。

誰のせいでもなく、ただ相性が合わなかっただけ。

「お互いに内向型なんだろうな。仕方ない。」くらいに思っておくのがいいでしょう。

会話がなくても心地よい関係がベスト

内向型同士のコミュニケーションにおいて、「こんな関係が築けたら最高!」というのがあります。

それは、”会話がなくても心地よい関係”です。もっと言うと、”沈黙さえも心地よい関係”ですかね。

「がんばって話さなくてもいいんだ」と思えることは、内向型にとって安心感があります。

もし相手が内向型っぽいのであれば、その人といるとき自分はどう感じているのか、考えてみるといいでしょう。

「気まずい」「やりにくい」といった感情がないのであれば、もしかしたらその人とは相性がいいのかもしれません。

おわりに

内向型らしいコミュニケーションのとり方について書きました。

”話せること”がコミュニケーション力だと思っている方が多いようですが、そんなことはありません。

内向型の方はムリして外向的であろうとすると、しんどいだけです。

焦らず、自分らしいコミュニケーションのとり方を身につけていきましょう。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。