ストレスが溜まりやすいHSPにライブをオススメする3つの理由

ストレスが溜まりやすいHSPにライブをオススメする3つの理由

何かと疲れやすいHSPにとっては、いかにストレスを発散するかが”生きづらさ解消の鍵”となります。

おそらくHSPの多くは、自然にふれたり、読書をしたり、何らかの創作活動に勤しんだりと、ひとりの時間を過ごすことでストレスを発散しているのではないでしょうか?

かくいう私も同じで、静かに、穏やかに過ごすことでエネルギーを充填するタイプです。しかし、たまーに「ちょっとだけ刺激がほしい」「マンネリ化した日々を脱したい」なんて思うことがあり、そんなときは好きなアーティストのライブに行くことでストレスを発散しています。

今回は、HSPのストレス発散にはライブがオススメだよ!というお話です。

HSPはストレスを溜め込みがち

HSPは非HSPに比べてストレスが溜まりやすい傾向にあります。

理由は以下の2つです。

  • 5人に1人という割合で存在していて、社会的に少数派であることから生きづらさを感じている
  • HSPには内気な性格の人が多く、自分の感情を押し殺し、ガマンしてしまう

※必ずしも「HSP=内気」というわけではありません。HSPは生まれ持った気質ですが、内気な性格は生まれ育った環境や自分の身に起きた出来事に起因するからです。

HSPの特徴については以下の記事に書いています。よかったら参考までにどうぞ。

 

HSPはどうやってストレスを発散している?

個人的には、HSPはひとりの時間を過ごすことでストレスを発散している方が多い印象です。自然にふれたり、読書をしたり、何らかの創作活動に勤しんだり、私自身もそのような傾向にあります。

HSPにとって、あらゆる刺激から解放されるひとりの時間はとても大事なのです。また、『HSPが内的生活を豊かにするための5つの方法』に書いたように、HSPは内的生活を好む傾向にあり、自分の内面と向き合うことで充実感を得ることができます。

HSPのストレス発散にライブをオススメする3つの理由

HSPの方は、刺激的な出来事やイベントは避けがちだと思います。

私も同じですが、たまに刺激を求めてイベントに参加することがあって、それが好きなアーティストのライブです。もはや趣味になりつつあり、何回かライブに行く中で「HPSの方にもオススメできるな」と思ったので、その理由を書いていきます。

①ライブ中は何も考えなくて良い

ライブ中は余計なことを何も考える必要がありません。

なぜなら、”今この瞬間”を楽しむのがライブだから。好きなアーティストの歌声、迫力ある演出、ファンの歓声…、全てがその時々でしか体感できないものです。

HSPはささいなことに気づき、物事を深く考える特徴をもつため、「考えてすぎてしまって思考がまとまらない」という方が多いでしょう。

私もつねに考え事をしているせいか、いまいち頭がスッキリしないことがあります。身体は休まっているけど頭は休まっていない感じですかね。

なので、HSPには”何も考えなくて良い時間”が必要だと考えています。そして、ライブはその時間をほぼ強制的に作り出してくれるわけです。

②感受性を活かして音楽を身体で楽しめる

HSPだからこそ、感受性の豊かさを活かして音楽を身体で楽しむことができます。

感受性というのは刺激を受け取る力のことであり、HSPはその力がとても豊かだからです。

ドラマや映画をみて強く感動した、登場人物に感情移入した、世界観に引き込まれた、という経験はありませんか?あれは感受性の豊かさが関係していて、私もアニメやマンガといった作品に引き込まれてしまうことがあります。

ライブでも同じようなことがあり、感覚的な話ではありますが、まるで音楽を身体で楽しんでいるような感じになります。

③適度な刺激がエネルギーになる

HSP(とくに内向型)であれば内的生活によってエネルギーを充填するかと思いますが、適度な刺激を受け取ると、それもまたエネルギーになります。

なにを適度とするかは人それぞれですが、私はたまにライブに行くことでエネルギーを充填します。HSP/非HSSなので静かで平穏な生活を好む分、その反動で刺激が欲しくなるのかもしれません。

学生時代からライブにはちょくちょく行っていますが、最近になってから「適度な刺激がエネルギーになるんだなー」と実感しました。

注意:ライブ翌日には予定を入れないこと

適度な刺激がエネルギーになるとは言いましたが、セルフケアも忘れずにしましょう。

私の経験上、ライブ翌日には何も予定を入れないのがベストです。日曜日にライブで、翌日が仕事だったときはさすがにキツかったので(笑)

HSPは非HSPよりも疲れやすく、休息が必要です。たとえ楽しかったことでも刺激を受けたら、必ず休むようにしましょう。

おわりに

HSPのストレス発散としてライブはオススメする理由を書きました。

まとめると、

  • ライブ中は何も考えなくて良いから、ぐるぐる思考から抜け出せる
  • HSPだからこそ、感受性の豊かさを活かして音楽を身体で楽しむことができる
  • 刺激を避けがちなHSPだが、たまに刺激的なことをするとエネルギーになるかも

「HSPだけどちょっと刺激がほしい」なんてときは、ぜひライブに行ってみてはどうでしょうか?普段は味わえない非日常感が、ちょうどいい刺激になるかもしれません。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)