HSP×自己肯定感

自信がなくて行動できないHSPに必要な”見切り発車”スキル

やりたいこと、やるべきことがあるのに行動に移せない」というHSPの方は多いと思います。

私自身もそうで、自信がないわりにプライドだけは高く、おまけに完璧主義。さらにHSPの思慮深さも加わって、思考がまとまらずに行動できないことはよくあります。

「なんとかして行動力を高めたい!」と悩んでいたところ、『人生は見切り発車でうまくいく』という本から大切なことを学びました。HSPにとって必要な情報が載っているので、ぜひ読んでほしいです。

ということで今回は、行動できないHSPに必要な「見切り発車」スキルについてです。

HSPが行動できないときは「考えている」のではなく「悩んでいる」ことが多いので、答えが出ないことで悩んでいるよりは、どんどん行動(=見切り発車)してしまった方がいいです。

HSPが行動できない3つの原因

私の経験からすると、HSPが行動できない原因は3つあります。

①自信がない

日頃から生きづらさを抱えているHSPは自己肯定感が低い傾向にあるので、自信もつきにくいです。

「失敗するんじゃないか?」
「周りから何て思われるだろうか?」
「自分のやり方は会っているんだろうか?」

と考え、行動できなくなってしまうのです。

②完璧を求めている

上記の「自信がない」と関連して、失敗を恐れるあまり完璧を求めすぎると、なかなか行動できません。

自信がないから徹底的にリスクを排除しようとして、準備に時間を掛けるようになるからです。

また、HSPは色々な可能性に気づくため、いくら準備したとしても不安が拭えない傾向にあります。

③思考がまとまらない

思慮深いHSPにとって、「イマイチ思考がまとまらない」というのはありがちだと思います。

思考がまとまらないと、

「何をすべきか分からない」
「何が問題なのか分からない」

となり、行動できなくなってしまいます。

行動できないHSPに「見切り発車」をオススメする3つの理由

ビジネスシーンだと、未解決の問題が残っているにも関わらず次のアクションをとるような時に「見切り発車」という言葉を使います。

そのため、「見切り発車」と聞くとあまり良いイメージをもたないかもしれませんが、「なかなか行動できない」というHSPにとってはすごく大事なんです。

①行動するうちに答えが見つかる

行動しなければ現状は何も変わりませんが、行動するうちに見えてくるものもあります。

HSPであれば、ぐるぐる思考に陥ってしまった経験はあるでしょう。「なかなか思考がまとまらないから行動できない」という気持ちはすごく分かります。

とはいっても、「ああでもない、こうでもない」と頭の中で考えている限りは、それはただの空想・妄想にすぎません。

また、思考がまとまらない時というのは、「考えている」のではなく「悩んでいる」ことが多いです。そして大抵、答えが出ないことで悩んでいるものです(経験談)。

答えが出ないようなことで悩むのってすごく時間がもったいないと思います。

なぜなら、行動していくうちに

  • やりたいこと
  • やるべきこと
  • 自分に足りないもの
  • いま何が問題なのか

といった、答え(もしくは答えにつながるヒント)が見えてくることがあるからです。

なので、頭の中でぐるぐる考えているよりは、思い切って行動してしまった方がいいと思うわけです。

②行動しないことはデメリットになる

「何も行動しない」というのは保守的な選択なので失うものがないように思えますが、実はデメリットがあります。そして反対に、行動することによるメリットもあります。

むしろ、行動することにはメリットしかありません。

★行動することによるメリット
何かしら現状が変わるかもしれない
行動して初めて分かることがある
★行動しないことによるデメリット
悩んでいる時間がもったいない
チャンスを逃す可能性がある

といったところです。

私は行動しないことで、たくさん後悔してきました。

  • 上司に怖いから質問せずに独断で仕事を進めた結果、やり方が間違っていた
  • 退職する旨を言い出せず、しばらくの間、自分に適していない環境に苦しんだ

例えがネガティブですが、「見切り発車」していれば無駄に悩むこともなく、時間を浪費することもなかったはずです。

行動することにはメリットしかないと思うんですよね。

③マイナス思考を捨て去ることができる

「見切り発車」を徹底することで、マイナス思考を捨て去ることができます。

HSPの人は、「気づいたらマイナス思考に陥っていた」という経験はないでしょうか?

マイナス思考に陥る原因としては、思考が同じ場所に留まっていることが考えられます。

そして、思考が同じ場所に留まらないようにするために有効なのが、思い立ったらすぐに行動すること。

興味があることにどんどんチャレンジしていると、マイナス思考になる余裕がありません。落ち込んでいる場合ではなく、他にやるべきこと・考えるべきことがあるからです。

おわりに

なかなか行動できないHSPに「見切り発車」をオススメする理由を書きました。

まとめると、

  • 行動するうちに答えが見つかる
  • 行動しないことはデメリットになる
  • マイナス思考を捨て去ることができる

今の私にとっての課題でもあるので、HSPのみなさんと一緒に頑張っていきたいと思っています。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。