新卒カードを使って「とりあえず就職」。後悔はしてないけど、転職は早めにした方がいいよって話

新卒カードを使って「とりあえず就職」。後悔はしてないけど、転職は早めにした方がいいよって話

やりたいことが見つからずにとりあえず就職したはいいけど、後悔しているって方は多いと思います。

  • 妥協して就職したから、仕事にやりがいを感じない
  • 毎日がつまらない。これからどうしよう?
  • 転職したいけど、せっかくの「新卒」がもったいない

かくいう私は大学時代、内定がもらえない焦りから妥協して就職先を決め、見事にブラック企業へ入ってしまいました。

もちろん労働環境は過酷でしたが、”とりあえず”で就職したことは後悔していません。

なぜなら、自分に合わない環境が分かったからです。

今回はそのあたりについてお話ししていきます。

とりあえず就職はアリ?ナシ?

あまり考えずに、とりあえずで就職してしまった人は、

  • ちゃんと就活するべきだった
  • 自分の選択は間違いだったんだろうか?

ということが気になると思います。

でも、私からすると「とりあえず就職」はアリですね。

なぜなら、ちゃんと就活してもしなくても、実際に働いてみることで「自分に合わない環境」が分かるからです。

  • 営業という仕事に面白さを感じないのか
  • 体育会系の社風がストレスなのか
  • お客さんとの直接的なやり取りが苦手なのか

などなど。

「やりたいこと」は分からなくても、「やりたくないこと」は見えてくるかと思います。

とりあえず就職してみた新卒時代

先ほど、「私は新卒でブラック企業に就職してしまった」というお話をしました。ただ、「後悔はしていない」とも言いました。

「自分が仕事に何を求めるのか」「どんな環境で働きたいのか」が見えてきたからです。

  • 黙々と作業するのは性に合っているが、立ち仕事はつらいな
  • 当たり前だけど、休日は大事だな
  • 職場が汚いとモチベーションに影響するな
  • 誰でもできるような仕事はしたくないな

のちに会社員そのものが自分には合っていないと判明するわけですが、ブラック企業で働いていた当時は、「自分にはどんな働き方が合っているんだろう?」と転職への算段を考えるようになりました。

それは、「自分に合わない環境」が見えてきたから可能だったことです。

後悔は必要ない。「合わない環境」が分かっただけで儲けモノ

仕事にやりがいを感じられないと、

  • やりたいことを見つけなきゃ・・・
  • でも、私のやりたいことって?

と焦ってしまいますよね。

ただ私は、「やりたいこと」なんてすぐには見つからないと思っています。だって、私もまさに”やりたいこと探し”の最中だからです。

「合わない環境」が分かっただけで、就職した甲斐はあったと思っています。

就職で失敗した経験は、次に活かせるからです。

  • 私はこの仕事には向いてないんだな
  • こういう社風はちょっと合わないな

といったことが分かれば、また同じ環境に飛び込まないようにすることができます。

新卒にこだわらなくていい。転職するなら早めに行動しよう

”とりあえず”で就職してしまったことに後悔しているということは、今の環境に何かしら不満をもっているのではないでしょうか?

ブラック企業を一年足らずで辞めて転職した私からすると、仕事や会社に不満があるなら早めに転職した方がいいです。

「せっかく新卒で就職したのにもったいないよな」

と思うかもしれませんが、「新卒にはこだわらなくていい」というのが私の考え。

いまどき転職なんて珍しくないですし、一度でも社会人経験を積んだ第二新卒の方が、会社から重宝される傾向にあるからです。新卒だけが全てではありませんよ。

よく「3年はガマンしろ」と言いますが、私は合わない環境で働くことに意味は感じられません。モチベーションも上がらないですし、最低限の仕事だけするようになるのでスキルも身につきません。

「とりあえずで就職したのがダメだったのかな・・・」

と後悔するなら、切り替えてさっさと転職しちゃいましょう。

おわりに

私も新卒でブラック企業に就職してしまったときは「やっちまったな」と思いました。だけど、後悔している時間はもったいないです。

「自分に合わない環境」が分かっただけでも就職した意味はありますし、合わないならさっさと環境を変えるべきだと思います。

とりあえず就職したけど会社選びに失敗してしまったという人。新卒にこだわる必要はないので、なるべく早く行動することをオススメします。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)