HSP

HSPが空腹と上手に付き合うために意識すべきこと

どうも、シラカワサト(@shirakawa_sato)です。

HSPの特徴として、「空腹に弱い」というものがあります。

あなたは、空腹を感じたときに

  • 集中力がなくなる
  • 気分が悪くなる

といった経験はないでしょうか?

お腹が空いたとき、自宅なら好きなときに食事がとれます。しかし、仕事中や外出時など人目があるところでは、間食することに抵抗があるためギリギリまでガマンしてしまい、結果として体調を崩してしまう方もいるでしょう。

空腹のあまり力が出ず、ここぞという時にパフォーマンスを発揮できないと困りますよね…。

そこで今回は、HSPが空腹と上手に付き合うために意識すべきことを書いていきます。

HSPは空腹に弱い

HSP診断の項目に、「空腹時に集中できない。気分が悪くなる」というものがあります。

私自身もこのテスト項目には当てはまり、空腹にはかなり弱いんです・・・。

とくに仕事中は頭が回らなくなって集中できなくなり、ひどいときは体調を崩してしまいます。寝る前にお腹が空くと睡眠どころではなくなり、ついつい夜食を食べてしまうことも(笑)

HSPにとっては、空腹感でさえ十分すぎる刺激なのかもしれません。

HSPの特徴について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

繊細で生きづらい?それってHSP(敏感気質)かも繊細がゆえに生きづらさを抱えているなら、それはHSP(敏感気質)かもしれません。HSPの特徴やメリット、生きづらさへの対処方法などについて書いています。...

自分自身に間食を許してあげよう

空腹感に襲われても、

  • 仕事中に間食するのは抵抗がある
  • (外出時など)人の目が気になる。

といった理由から、ギリギリまで耐えてしまう人もいるかもしれません。

でも、まずは自分に対して間食することを許してあげましょう

空腹感を抑えるには、何かを食べるのが手っ取り早いからです。

ましてや空腹感はなかなか誤魔化せるものではないし、誤魔化せたとしても一時しのぎにしかなりません。

HSPは何かと疲れやすいので、自分の身体にはとくに気を使うべきです。体調管理するという意味でも、間食することはOKとしてください。

気軽に食べられるお菓子をストックしておく

とはいっても、空腹感が襲ってきたときに何も食べ物がないと意味がありませんよね。

そこで、つねにお菓子をストックしておきましょう。

人目があるときでも気軽に食べられるものとしてオススメなのが、アメ、チョコレート、キャラメル、シリアルバーなどです。

また、ダイエットサポート飲料の「コバラサポート」もオススメです。食べすぎ防止用のドリンクで、空腹時に飲むとお腹の中で膨らんで空腹感を抑えてくれます。私も実際に飲んでみて、効果がありました。

人前で間食するのは気が引けるという人は、上記のように「気軽に食べられる(飲める)」「音がしない」「匂いが強くない」ものを携帯しておくといいでしょう。

空腹感が襲ってくる前に、夜は早く寝る

夜は早く寝ることをオススメします。

どんなに夕食をお腹いっぱいに食べたとしても、時間が経つにつれてお腹は空くものです。夜遅くまで起きていたら急にお腹が空いてきた、という経験はありませんか?

私自身もあって、そういうときは空腹感と気分の悪さに負けて夜食を食べてしまいます(笑)

先ほど「空腹感は誤魔化せるものではない」と書きましたが、誤魔化す方法があるとしたら、それは寝てしまうことだと思います。空腹感で目覚めることはあっても、寝ている間は意識がないですからね。

なので、空腹感に弱いというHSPの方には、あまり夜更かしせずに早く寝ることをオススメします。早寝早起きは健康にもいいですし。

おわりに

「HSPが空腹で悩まないために意識すべきこと」を書きました。

まとめると、

  • 自分に対して間食を許す
  • お菓子をストックしておく
  • 夜は早く寝る

上記のことを意識するだけで、ある程度は対処できます。

空腹感に襲われて集中できない、気分が悪いということにならないために、自分の体調は自分で気遣ってあげましょう。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。