HSPが人間関係で疲れないために気をつけたい3つのコト

HSPが人間関係で疲れないために気をつけたい3つのコト

どうも、シラカワサト(@shirakawa_sato)です。

HSPがゆえに、人間関係に疲れてしまうという人は多いと思います。私がそうですから。

もしかして、この記事を読んでいるあなたは

  • 「相手の表情や仕草、声のトーンの変化が気になってしまう」
  • 「自分はあの人になんて思われてるんだろうか?」
  • 「こんなことを言って嫌われたらどうしよう…」

という感じで、いつもビクビクしていませんか?

毎日毎日、他人の顔色を窺っていたら疲れてしまいますよね。

そこで今回は、HSPが人間関係で疲れないために気をつけたい3つのコトを書いていきます。

実践できれば、人間関係でムダに疲れることもなくなりますよ。

HSPが人間関係で疲れないために

価値観が合わない人とは付き合わない

価値観が合わない人と話すのは面白いと思う人がいる一方で、対立や議論のもとになるから疲れるという人もいるでしょう。

おそらく、HSPなら圧倒的に後者だと思います。お互いの価値観の違いを認め合える関係ならそれで良いのですが、必ずしもそんな優しい人ばかりではありません。

価値観が合わない人との会話は、新たな発見や気づきがある分、HSPにとっては刺激が強すぎるんですよね。

  • 「この人とは仲良くなれそうもないな」
  • 「なんか話が噛み合わないな」

と感じたら、その人との付き合い方を考え直した方がいいかもしれません。

人付き合いは「狭く深く」を意識しよう

私が普段から意識しているのは、「狭く深い」人付き合いです。

人は情報の塊なので、どんなに親しい友人だとしても、長時間も一緒にいたら刺激過多で疲れてしまいます。親しい友人でも疲れるわけですから、苦手な人、あまり親しくない人と接するのは、最小限にしておきたいんですね。

もちろん、「この人と話してみたい!」というときは別ですが、無闇に交友関係は広げないように意識しています。

また、HSPが少人数での会話を好む傾向にあります。

「大勢での飲み会やパーティは苦手だけど、少人数でする食事は好き!」という人は、多いのではないでしょうか?

おそらくHSPが、大人数でワイワイすることには価値を感じず、少人数での対話を重視しているからだと思います。その方が、相手との関係をより深められるからです。

HSPが自分らしく生きていくためには、自分が安心できる「小さなコミュニティ」を築いていきましょう。

 

「この人ヤバイかも!?」という直感は大事にすべき

HSPは、第一印象で苦手な人や嫌いな人を判断する力が強いと思っています。

他人の表示や仕草、声のトーンなどの変化に敏感なので、非HSPならスルーしてしまうような違和感に気づきやすいからです。つまり、「自分にとって危険な存在かどうか」を、直感で判断している可能性があります。

なんとなく、

「この人は苦手だな」
「この人といるとペースを乱されるな」

と感じることはありませんか?

私はそのような経験があって、一緒にいて違和感を抱いた相手とは、その後も良い関係が築けないことが多いです。

とはいっても、人間同士には相性というものがあります。

「自分が悪いんじゃないか」と考える前に、「その人の第一印象はどうだったのか」を振り返ってみましょう。

人間関係の取捨選択が、HSPの生きづらさ解消につながる

HSPが生きづらさを解消するには、人間関係の取捨選択が大事になってきます。

付き合う人は選ぼう、ということですね。

HSPは「他人の感情に影響を受けやすい」という特徴から、周りに合わせてしまいがちです。

「あの人になんて思われているかな?」
「嫌われたくない」
「こんなことを言ったら相手が傷つくんじゃないだろうか」

なんて思っていませんか?

人間関係が広くなるほど、上記のような悩みが多くなります。

だから、他人の感情に影響されてしまうHSPこそ、人との付き合い方を考えるべきなんです。

自分が安心感を得るためにも、

  • 好きな人との関係をより深めていく
  • 悩みのもとになる人付き合いは減らしていく

といった人間関係の取捨選択が必要になってきます。

 

人間関係に疲れたら「ひとりの時間」をつくろう

どんなに気をつけていても、些細なことで動揺したり傷ついたりすることはあります。

もし人間関係に疲れてしまったら、「ひとりの時間」をつくって、高ぶった神経や疲れた精神を休ませてあげましょう。

そうすることで気持ちにも余裕ができ、「ムリのない人付き合い」ができるようになるからです。

人に会うことでエネルギーを充電できる人がいる一方で、ひとりになることでエネルギーを充電できる人がいます。HSPは、圧倒的に後者だと思います。

あらゆる刺激に敏感なHSPには、「ひとりの時間」が絶対に必要なのです。

 

おわりに

HSPが人間関係で疲れないために気をつけたいコトを書きました。

まとめると、

  • 価値観が合わない人とは付き合わない
  • 人付き合いは「狭く深く」を意識しよう
  • 「この人ヤバイかも!?」という直感は大事にすべき

自分にとって良質な人間関係を気づくためにも、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)