HSP×仕事/働き方

HSPにとって接客業は刺激が強すぎる。私が飲食店のバイトを3日で辞めた理由

「これだ!」という感じでバイト先を決める人もいれば、なかなか一歩が踏み出せない人もいると思います。

とくにHSPであれば、

  • バイト先の環境に馴染めるかな?
  • 怖い人がいなければいいな
  • こんな私にもできる仕事はないだろうか

など、色々と考えてしまうのではないでしょうか?

また、「バイトといえば飲食店(ファミレス)かコンビニ」というほどに接客業は定番中の定番ですので、検討している人もいることでしょう。

結論からいうと、HSPに接客業は刺激が強すぎるのでオススメしません。

その理由を、私が飲食店のバイトを3日で辞めたときの体験談を交えてお話していきます。

HSPの私が接客業を3日で辞めた理由

私は大学時代に飲食店でバイトしてたことがあるのですが、なんと3日で辞めました(笑)

いま思うと、HSPである私には色々と刺激が強すぎる環境だった気がします。

キッチンをやっていましたが、「接客」という括りではホールもキッチンも変わらないと思うので、飲食店でバイトしていて辛かったことをお話します。

理由①メニューが覚えられない

何十種類もあるメニューを渡され、「(メニュー名や調理方法など)1週間で覚えてきて」と言われましたが、無理でした。

一度に多くのごちゃごちゃした情報を見せられると、HSPの特徴である「処理の深さ」が災いしてか、テンパってしまうのです。飲食店のメニューって、何であんなに見辛いんでしょうね・・・。

もちろん最初から覚えられるとは思っていませんが、それにしても私には荷が重すぎました。

理由②自分のペースで作業できない

チームワークが求められるため自分のペースで作業することが難しく、ストレスでした。

飲食店に限った話ではないので、「仕事なんだから当たり前だろ!」という声が聞こえてきそうですが、一人で黙々と作業できるバイトだってあります。

HSPは自分のペースを好み、急かされると本来のパフォーマンスを発揮できない傾向にあります。私も同じです。

なので、チームワークが強く求められる飲食店でのバイトは苦手でした。

理由③スタッフのほとんどは我が強い

私が働いていたお店には”我が強いスタッフ”が多く、苦手意識をもっていました。

なんというか、ガツガツした人やエネルギッシュな人といると疲れてしまうんですよね。

たくさんのバイト先を見たわけではないので正確なことは分かりませんが、飲食店は活気強いイメージなので、もしかしたらHSPにとっては苦手な環境になるかもしれません。

理由④ルーチン作業が少ない

キッチンを担当していて思ったのは、注文を受けてから調理を始めるため臨機応変さが求められるということです。

つまり、何も考えずにできるようなルーチン作業が少ないんですよ。

HSPはささいなことに気づき、色々なことに思考を巡らせてしまいます。「深く考えるのが好き」という人もいれば、「余計なことに頭を使いたくない」という人もいるでしょう。

後者の人にとっては、ルーチン作業が少ない飲食店は向いていないかもしれません。ルーチン作業が得意な人には、後述する倉庫作業バイトをオススメします。

HSPに接客業は刺激が強すぎる

上記の理由から、HSPに接客業は刺激が強すぎると考えています。

3日なんて短期間で辞めずにもう少し続けていれば、仕事を覚え、環境に適応できたのかもしれません。

しかし、その次に始めた倉庫作業のバイトが4年も続いたことを考えると、やっぱり「自分に接客業は向いてなかったのかなー」と思います。

人と関わることが多い仕事ですし、スタッフ同士の人間関係もあるので一概には言えませんが。

HSPには一人で黙々と作業できるバイトがオススメ

「飲食店で働くのは無理そうだな…」と思ったら、倉庫作業をオススメします。

ルーチン作業が多く、一人で黙々と作業できる可能性があるからです。とはいっても、担当する業務にもよるのでちゃんと調べるようにしましょう。

私は先述した飲食店を辞めたあとに倉庫作業のバイトを始めたら、なんと4年間も続けることができました。自分でもビックリです(笑)

ルーチン作業が中心で、担当する業務をきちんとやっていれば怒られることはありません。

作業中に人と話すこともありますが、幸いなことに人間関係にも恵まれていました。

「一人で黙々と作業したい」「ひたすら作業に没頭したい」という方にはオススメです。気になる方は以下の記事を読んでみてください。

"人見知り"には倉庫作業のバイトがオススメ。こんな私が4年間も続けられた理由人見知りだと、なにかとバイト選びに苦労すると思います。 とくに不安なのが、「周囲と上手くコミュニケーションがとれるか」ですよね。コ...

おわり

「HSPにとって接客業は刺激が強すぎるよ!」ということを書きました。

バイトとはいえ、自分に合わない環境を選んでしまうとストレスを抱えてしまうだけなので、自分にピッタリなバイトを選びたいですよね。

バイト選びに悩んでいるHSPの方にとって、この記事が参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。