ブログ運営

ブログ開設から半年。飽きっぽい私がなぜブログを継続できたのか。

ブログ開設から半年。更新頻度はマチマチだったものの、何とか続けてこられました。ちょっとでも読んでくれている方がいると思うと、嬉しいです!

読者のみなさん、いつもありがとうございます (*^^*)

今回は、飽きっぽい私がなぜブログを継続できたのか、というお話。

精神論というか、「結局は気持ち次第!」みたいなところはありますが、ブログが継続できなくて悩んでいるという方の参考になればと思っています。

私がグダりながらもブログを継続できた理由

すっかり習慣になっていたネトゲをやめました。

習慣というのは恐ろしいもので、無意識のうちにやってしまうんですよね。「ネトゲを無意識に」っていうとヤバいやつだと思うかもしれませんが、ほとんど惰性でやっていたという意味です。

ちょっと前までは、ネトゲをやっていて楽しかったんですけどね。ここ最近はとくに面白みもなく、惰性でやっている自覚がありました。

「時間のムダだった」とまでは言いません。ストレス発散になっていたのは事実ですし、仕事が本当につらかった時期はネトゲが唯一の逃げ道でしたから。ちょっと大げさかな(笑)

でも”ブログ”という世界を知ってから事情が変わりました。「今の自分にとって必要なのはネトゲではなくブログ」だと思ったんです。惰性でネトゲをだらだらとプレイするのではなく、ブログを通じて私と同じ悩みをもつ方々の心に「”何か”を届けたい」と感じました。

それで大好きだったネトゲをやめて、もっとブログに時間を費やそうと思ったんです。

ネトゲは時間の無駄?引退した今だから思うこと。どうも、シラカワサト(@shirakawa_sato)です。 ネトゲって一度ハマると、かなりの時間を費やしますよね。私も過去にプレ...

何かを始めるには、何かをやめる必要がある

最初は今までの生活パターンのままでブログを始めようとしてたんですよね。つまり、趣味であるネトゲをやりながらも、ブログで情報発信できたらイイなと。

が、私には無理でした。

時間は有限なので、何かに時間を費やそうとしたら、他の時間を削る必要があるんですよね。当たり前のことです。ブログを始めるまではネトゲに多くの時間を割いていたので、「削るべきはここだ」と思いました。

変化を恐れてはいけない

とはいっても、習慣になってしまったことをやめるのって勇気がいることです。

以前の私はプライベートの多くをネトゲに割いていましたから、「ネトゲをやめたら何が残るだろうか」と不安になりましたよ。誤解のないよう言っておきますと、ネトゲ廃人とか依存症とかではないです。ただ先ほども書いたように、一時期はネトゲをやることで救われている面もありましたので。

でも、変化を恐れていては何も行動できないです。

ブログを継続するには、何か一つでも”今”の習慣をやめる必要があると思っています。

実際、ネトゲをやめてからは多くの時間をブログに割けるようになりました。仕事から帰ってすぐにネトゲしていたのが、今ではブログを書く日々に。

あなたには、「ブログと引き換えにやめるべき習慣」はありますか?

おわりに

飽きっぽい性格の人にとって、ブログを継続するのは簡単じゃないです。私だって更新頻度はマチマチだし、そもそもやる気が出ないこともありました。

それでも継続できたのは、生活の一部になっていたネトゲをやめてでも、ブログで発信したい情報があったからです。

もしあなたがブログを継続できなくて悩んでいるのであれば、「なぜブログを書こうと思ったのか」を思い出してみてはどうでしょうか。

そこに”答え”はあるはずです。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。