無気力で何もしたくない時の解決策は「何もしないこと」

無気力で何もしたくない時の解決策は「何もしないこと」

どうも、シラカワサト(@shirakawa_sato)です。

せっかくの休日なのに、「なんだか無気力で何もしたくない…」というのは、誰でも一度は経験したことがあると思います。

これって、イマイチ原因が分からないから厄介ですよね。いたって身体は健康だし、落ち込むような出来事があったわけでもない。

そこで今回は、無気力で何もしたくない時の解決策についてお話します。

結論からいうと、何もしたくない時は「何もしない」のが一番です。

無気力になるのは心が休みたがっている証拠

これといって原因がないのに、無気力でやる気が出ない…。

そんなときは、心が休みたがっている証拠です。

いつもは学校や仕事などで忙しい日々を送っているため、身体の変化には気づけても、心の変化に気づけないのかもしれませんね。

「何もしたくないな~」と思ったら、自分の心と向き合うチャンスです。

プライベートでは「がんばる義務」なんてない

普段、あなたが「やらなきゃ…!」と思っていることは、本当にやらなきゃいけないことでしょうか?

例えば、買い物、掃除、資格の勉強、日々のルーティンなど…。

ここで考えてほしいのが、これらをやらないことによって、「何が起こるのか」ということです。

実は、とくに何も起きないんですね。

プライベートに関していえば、ちょっとサボった程度では大きな損失にはならないし、ましてや誰かに責任を問われることもありません。

私は、仕事ならともかく、プライベートでは「がんばる義務」なんてないと思っています。

あなたが「やらなきゃ…」と義務感を抱いているだけで、やらなくても問題ないことってあるんじゃないでしょうか?

何もしたくない時にがんばっても辛いだけ

「何もしたくない、でも何かしなきゃ…!」

私の経験上、何もしたくない時にがんばっても辛いだけということが多いです。

加えて私は気分屋な性格なので、何か行動するときは、その瞬間の気分がやる気に影響するんですよね。

なので、「自分の気持ちに正直でいる」という意味でも、やりたくないと思ったことはなるべくやらないようにしています。

何もしないのが一番。無気力は時間が解決してくれる

先述したように、やる気が出ないときに無理やり活動的になろうとしても辛いだけです。

じゃあ、どうやってやる気を取り戻すか…。

無気力になってしまった時の解決策は「何もしないこと」です。

「やらなきゃ…!」と義務を感じるようなことは何もせず、なるべく負担にならないことや、好きなことをして過ごしましょう。

私の場合は、

  • 溜まっていたアニメを消化する
  • 掃除をして気分転換
  • ちょっと散歩しにいく
  • いっそのこと寝てしまう

などです。

そうすると不思議なことに、自然とやる気が戻ってきて、何かをしたくなってきます。

「なんだかやる気が出ないな~」と思ったら、ダラダラと過ごしてみるのもいいかもしれません。

おわりに

無気力で何もしたくない時の解決策について書きました。

やる気が出ない時にがんばろうとしても辛いだけなので、時間の許す限り、思いっ切りダラダラしてみてはどうでしょうか。

自分と向き合うキッカケにもなりますし、普段は何かと忙しいっていう人にこそオススメです。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)