仕事論

飲食店のバイトを3日で辞めた話。「内気だからキッチンがいい」は間違い

バイト選びって悩みますよね。

社交的な人ならどんな環境でもやっていけそうな気がしますが、内気な人はそうじゃないと思います。

私も大学時代、バイト選びで悩みました。

仕事内容はもちろん、とくに気にしていたのが人間関係。内気な性格なので、なるべく人との関わりが少なそうなバイトを探してたんですよね。

なので飲食店のバイトでキッチンを希望したのですが、結論から言うと失敗しました。

この経験から言えるのは、「内気だから」という理由だけでキッチンのバイトを選ぶのはオススメできない、ということです。

内気な自分でもキッチンならできるかな…?

と考えている人がいたら、もう一度よく検討しましょう。

私がキッチンのバイトを選んだ理由

先ほど書いたように、私は内気な性格でコミュニケーションに自信がなかったので、キッチンのバイトを選びました。

飲食店のキッチンにいる人って、黙々と料理を作っているイメージがあったんですよね。

「ムダな人付き合いもなさそうだし、これなら自分にもできるかなー」と。我ながら単純な発想です(笑)

結論から言うと、この選択は大失敗。まさかの3日で辞めることになりました。

キッチンでもコミュニケーションは必要

実際に働いて分かったのは、キッチンでもコミュニケーションは必要だということ。

ただ料理だけ作ればいいというわけではなく、他のスタッフと連携しないといけません。仕事は一人では成り立たないので、当然ですね。

それなのに、内気でコミュニケーションが苦手というのは致命的でした。

そんな感じなので、店長や教育係の人、他のスタッフと上手くいかず、やがて居心地の悪さを感じるように。

当時を振り返ると自分から壁を作っていましたし、他の人たちもやりにくさは感じていたと思います。

内気な性格でもバイトの選択肢は他にある

内気でコミュニケーションが苦手だとしても、自分に合うバイトは必ずあります。

私は飲食店を辞めたあとに倉庫作業のバイトを始め、なんと4年間も続けることができました。

仕事内容も私の性格にピッタリでしたし、人間関係に恵まれたのも大きかったです。

大学時代はどの知り合いも「コンビニ」や「ファミレス」などでバイトしていたから、「それしかない」と視野が狭まっていただけで、探せば色々なバイトがあります。

とはいっても、「内気だからキッチンにしよっかな」という安易な選択はオススメできません。

"人見知り"には倉庫作業のバイトがオススメ。こんな私が4年間も続けられた理由人見知りだと、なにかとバイト選びに苦労すると思います。 とくに不安なのが、「周囲と上手くコミュニケーションがとれるか」ですよね。コ...

おわりに

内気な人は、自分に自信がないことでバイト選びにも悩んでしまうでしょう。

しかし、あくまでバイトなので、もっと気軽に始めたらいいんじゃないかと思います。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。