友だちの数には意味がない。大学の人脈づくりで気をつけたいこと。

f:id:shirakawa_sato:20180520214958j:plain

私には、胸を張って「友だち」と言える人はひとりしかいません。

彼は大学時代の同級生で、社会人になった今でもちょくちょく遊びに行くほどの仲です。 我ながら、良い友達に巡り会えたと思っています。

友達がひとりしかいないことを「寂しいやつだな」と思う人もいるでしょう。でも私は、友だちの数にはそれほど意味がないと考えています。

もしこれを読んでいるあなたが大学生で、

  • もっと友達を増やさなきゃ!
  • 友達が少ない自分には人としての魅力がないのでは?

と思っているなら、その考え方は自分を苦しめるだけです。

「友だちの数=自分の価値」という勘違い

私が大学生だった頃、同級生に”友達の多さ”や”人脈の広さ”をやたらとアピールしてくる人がいました。それも結構な割合で。

ぼっちになることを極度に嫌い、何かと関わりを求めてくる。私が思うに彼らは、「友だちがいない自分には価値がない」と劣等感を抱いていたんだと思います。

でも私からすると、「友だちの数=自分の価値」という考えは間違いです。

ひとりの友だちと親密な関係を築いたほうが充実感を得られる

ひとりしか友だちがいなくても、その人と親密な関係を築いたほうが充実感を得られるっていうことを、大学生活で学びました。私にとって、友だちの数にそれほど意味はないです。

大勢でワイワイするよりも、少人数で遊ぶのが性に合っているんですよね。で、人数は少ない方が私は嬉しい。一人一人との関係が築きやすいので。

”ある人”のことをいっぱい知っているだけで、「友だち」って感じがしませんか?

でも同じことをたくさんの人にやろうとすると、難しいです。少なくとも私はそんなに器用じゃない。

色々な人と関わるのも、それはそれで楽しいのかもしれない。いつも自分の周りに人がいるのも、刺激があって良いのかもしれない。でも、一人一人と親密になろうとするのは、たぶん厳しいです。

表面だけの付き合いならやめたほうが良い

大学で人脈をつくっておけば、たしかに安心感はあるかもしれません。講義を欠席した時にノートを見せてもらえるし、試験範囲も教えてもらえる。就活の時だって情報共有できますし。

でもそういう関係って、きっと長続きしないです。実際、大学で知り合った人の大半は、卒業と同時に絡まなくなりました。卒業してから、一度も連絡はとっていません。

そして私が思う「友だち」は、そんな関係じゃない。

表面だけの付き合いならやめたほうが良くて、極端な話、ひとりの友だちと関係を深めた方が幸せです。

 

まとめ

むやみに人脈を広げたところで、それは表面上の付き合いでしかありません。

大学は自由なので、人付き合いに苦労する気持ちも分かります。でも、だからこそ、周りに影響されず、自分だけの人脈をつくっていきましょう。

たったひとりでも一生ものの友だちに出会えたら、それはきっと幸せなことだと思います。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)