仕事論

「とりあえず就職」という考えはアリ。働きたくないと思っている大学生に伝えたいコト

「働きたくない!」と思いながら就活をしている大学生は多いかと思います。かつての私もそうでした。

働きたくない理由は人によって様々ですが、「とりあえず就職するか」っていうスタンスで就活するのもアリだと思います。

「働きたくない」と思っていた大学時代

以下の理由から、大学時代は「働きたくない!」という気持ちが強かったです。

  • これといってやりたい仕事がない
  • 学力、忍耐力、コミュ力など、他の学生と比べてあらゆるものが自分には不足している

「こんな自分が社会に出てやっていけるだろうか」と思い、就活に対してとにかくネガティブでした。

就活はマジメにやっていなかった

そんな感じで、就活はマジメにやってなかったんですね。自分に自信がなく、やりたい仕事もないので、「どう頑張れば良いか分からなかった」というのが本音です。

企業研究をしても「?」って感じだし、面接では何をアピールすれば良いか分からない。就活が辛かったですね(笑)

就活でこんな辛いなら、実際に働き始めたらもっと辛いのでは?と思い、余計に「働きたくない!」という気持ちが強くなりました。

「とりあえず就職」は全然アリ

なんだかんだで就活を乗り越えた私ですが、「とりあえず就職」という考えは全然アリです。

なぜかというと、

  • 新卒で入った会社で一生働くか?
  • 今の時代、転職は珍しくもない
  • むしろ転職して色々な会社を経験した方が、方向性が見えてくるかも

私はなかなか内定がもらえなかったので、「ここでいっか」って感じで最初の一社を選びました。結局は一年足らずで転職したわけですが、そのおかげで何となく自分の進むべき道が見えてきた気がします。

働かなくても良い環境にいるとかなら話は別ですが、ほとんどの人は大学を出たら就職するでしょう。でも「働きたくないなー」って感じで、働くことにネガティブなら、「とりあえず就職するか」ってスタンスでも良いと思います。

現に私が何とかなっているので(笑)

就活って人生の中で一大イベントみたいな扱いされてますけど、そんなに重大でもないですよ。

まとめ

つまりは、就活はあまり気負わずに適当ぐらいで良いよって話です。

早い段階でやりたい仕事を見つけてたり、入りたい業界が明確だったりする人もいる一方で、そうでない人もいるかと思います。

そういう人は無理をせず、”とりあえず”で良いので就職してみましょう。なにも”新卒入社”だけが全てではなく、それ以降も将来について考える時間はたっぷりあるので。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。