会社でやることがない時にできる暇つぶし5選

f:id:shirakawa_sato:20180305213600j:plain

どうも、シラカワサトです。

会社でやることがない時って、意外と辛くないですか?周囲がバタバタと慌ただしく働いている中、自分だけが取り残されたような気分です。

そこで今回は、仕事中に何かと暇になることの多い私が、会社でやることがない時にできる暇つぶしを紹介していきます。

仕事がないか上司に訊いてみよう

冒頭ではあんなこと書きましたが、まずは自分から仕事をもらいに行くのが先です。

意外と上司は部下のことを見ているもので、あなたの手が空いているのは分かっているかもしれません。

今後もその会社で働くつもりなら、「あいつは仕事がないとサボる奴だ」と思われるのはマイナスです。上司含め、周囲の人間と信頼を築くためにも、自分にできる仕事はないか訪ねてみましょう。

それでも仕事がない時の暇つぶし5選

スキルアップの時間に充てる

仕事に関する勉強をしたりビジネス書を読んだり、スキルアップの時間に充てれば有意義な過ごし方ができます。また、資格の勉強をするのも良いでしょう。

とくに技術職は学ぶことが多いので(経験談)、日々の業務だけやっていては理解が追いつかなくなります。かと言って、帰宅後のプライベートな時間を使ってまで勉強したくはないですよね。

なので、やることがないからダラダラと過ごすのではなく、自分にとってプラスになるよう有意義な時間の使い方をしてみてはどうでしょう。

雑務を片付ける

メールの仕分けやデスク周りの整理など、普段は後回しにしがちな雑務を片付けましょう。やってみたら、意外と時間を忘れて没頭できるかもしれません。

あとはオフィスの掃除やゴミ捨てなどを積極的にやると、周囲からは喜ばれるでしょう。しかしその場合、「あいつ仕事がないんだな」と悟られる可能性がありますが(笑)

ネットサーフィン

暇つぶしの定番ですね。

私の職場でも業務中にニュースを見ている人が結構いるので、多少であれば許されている風潮はあります。あとは今やっている作業に直接的な関係はないけど、仕事に関することなど。

私はエンジニアなので、技術的な調べ物をすることが多いですね。あとはニュースサイトを徘徊したり、趣味に関することを調べたり。

内容によってはバレるとまずいというか、信頼を失うことになりかねないので、ネットサーフィンをする時は人の気配に要注意です(笑)

トイレに行く

5~10分ほどの時間稼ぎにしかなりませんが、気分転換も兼ねて行ってみるのがオススメです。

私は腰痛持ちで、ずっと椅子に座ってるとしんどいので、頻繁に席を立ってはトイレに行ってます。

あまりトイレに行き過ぎると、かえって体調を心配されるかもしれませんが。

ブログネタを考える

ブロガーさんなら、空いた時間でネタを考えるのも良いでしょう。

「こんな記事が書きたい!」と思ったときにすぐ執筆に取り掛かれるよう、暇な時間でネタ探しというのは有効かもしれません。

私がいま書いているこの記事は、「やることないな~」って感じでボーっとしてたら閃きました(笑)

忙しいとそんなこと考える余裕はありませんが、暇なときほどアイデアが浮かんでくるものです。

番外編:今の仕事にじっくり取り組む

仕事に慣れてくると、これから取り組む作業がどの程度の時間が掛かるのか、分かってくると思います。

私がよくやるのは、作業が早く終わりそうだと思ったら、その仕事に目一杯の時間を掛けて引き延ばす方法

1時間で終わるものを、2時間、3時間、ひどい時は半日でやります(笑)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「会社でやることがない時にできる暇つぶし5選」を紹介しました。

仕事にも関わらずやることがないっていうのは、経験した人にしか分からない辛さがありますよね。でも、自分のために使える時間が増えたと思えば、なかなか悪くないでしょう(笑)

「どうしてもやることがない!」という人は、今回紹介した暇つぶしを実践してみてください。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)