仕事論

社員旅行には行かないとダメ?行きたくない理由と上手な断り方

社内行事の中でも、とくに存在感が大きいのが社員旅行

普段の飲み会と違い、あまり気が進まないって方もいるかと思います。なによりも、行くべきかどうか、断っても大丈夫なのかどうか、すごく悩みますよね…。

今回は、社員旅行には行かないとダメ?上手な断り方ってない?という方のための記事です。

社員旅行って行かないとダメ?

年に一度の大きな行事である社員旅行。会社によっては強制参加な風潮もあるかと思いますが、結論から言うと、どちらでも良いです。

業務の一環ならまだしも、社員旅行の目的は「コミュニケーションを図るため」「リフレッシュするため」というのが大きいと思います。それなら、参加するしないは個人の自由ではないでしょうか?

新人の場合

その会社に長く勤めるつもりなら、参加した方が良いと思います。旅行に限らず、飲み会などの会社の人間が集まる場には積極的に顔を出し、コミュニケーションを取っていくべきでしょう。

普段からコミュニケーションを意識しているとチームワークが生まれ、仕事も円滑に進むようになります。なにより、新人の場合は分からないことだらけなので、困ったことがあった時に周囲の人が助けてくれるかもしれません。

上司の機嫌をとったり周囲に気を遣ったりと大変かもしれませんが、一年目のうちは出来るだけ参加することをオススメします。

社員旅行に行きたくない理由

旅行って本来ならば楽しいものだと思います。なのに、なぜ「社員旅行」は行きたくないのか…。

会社の人間と業務時間外に一緒にいたくない

業務上でしか絡まない人たちと四六時中、一緒にいるのは相当なストレスでしょう。仕事の延長線上って感じですね。これでは楽しいはずの旅行も楽しめません。泊りがけで行くとなると尚更です。

休日を潰してまで行く必要があるのか?

ほとんどの会社は、休日を利用しての社員旅行を計画するかと思います。しかし、仕事とプライベートをきっちり分けたいという方もいるはず。また、コミュニケーションをを図るなら普段の飲み会でも出来ることなので、わざわざ貴重な休日を潰してまで行く必要はあるのでしょうか?

休日の使い方は人それぞれです。

上司の接待に疲れる

「旅行」と言いつつ、実際は上司の接待ばかり。経験したことがある方もいるかと思います。飲み会などもそうですが、楽しんでるのって立場が上の人たちだけってことが多く、下っ端は気を遣ってばかりです。

部下にとっては上司の機嫌をとるのも仕事のうちなので、それこそ「業務の一環」になってしまいます。

集団行動が苦手

集団行動が苦手な人にとってはかなり苦痛でしょう。ひとり旅や、家族や友人たち少人数での旅行なら良いですが、社員旅行となると数十人規模の人たちと行動を共にしなければなりません。

旅費が自腹

まともな会社なら旅費は負担してくれるかと思います。が、そもそも自腹であったり、給与からの天引きだったりした場合、行きたくないのも無理はありませんね。場所にもよりますが、旅行となると1~2万円は掛かるのではないでしょうか。

行きたくない時の上手な断り方

自由参加である場合は理由を聞かれることはないかもしれませんが、もし聞かれたら以下のような理由を使ってみてはどうでしょう。

  • 親戚や友人の結婚式がある
  • 家族または親戚に不幸があった
  • ペットを飼っているため外泊はできない

とくに家庭の事情を理由にすると、相手も深くは聞いてこないでしょう。2つ目は内容が内容だけに何回も使えるものではありませんね。なによりも良い気分はしませんので、使い所は気をつけましょう。

断ったあと、その人の印象は?

やむを得ず断ってしまった場合、気になるのが周囲からの印象ではないでしょうか?

私としては、断る人が他にもいた場合、そんなに気にする必要はないと思っています。参加を断ったぐらいで急に印象が悪くなるようなことは有り得ないですし、普段からしっかりと仕事をこなしている人であれば、参加の可否は関係なしに「仕事の出来」で正当に評価されるべきです。

ただ、何度も断っているようですと、それはさすがに印象が悪いので気をつけましょう。なにより、今後は誘われなくなる可能性だってあります。

最後に

旅行って本来なら楽しいものです。

しかし社員旅行となると話は別で、上司の接待をしなきゃいけなかったり、新人の場合はとくに周囲に気を遣わなければいけなかったりと、ストレスになる要因を色々と含んでいます。であれば、「行きたくない」と思うのは仕方がないのかもしれませんね。

行きたくないなら行かなくても良い」というのが私の結論です。

ABOUT ME
シラカワサト
社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSPの人の力になりたいという想いから、ブログやTwitterで情報発信しています。