仕事がつらい?心に余裕がない時こそ何かに夢中になってみよう

f:id:shirakawa_sato:20180428190426j:plain

あ、今の自分って心に余裕がないな」と感じる時はありませんか?

とくに仕事をしている方であれば、人間関係や上司からのプレッシャーなど、色々な悩みがあると思います。その悩みが重くなりすぎると、

  • 仕事のことばかり考えてしまい、心に余裕がない
  • 以前は楽しめていたはずの趣味が、今では全く楽しめない

ってことになりかねません。

そこで今回は、心に余裕がない時こそ何かに夢中になってみようという話です。

心に余裕がないのは、どんな時?

おそらく、不安や悩みに押しつぶされそうな時だと思います。

私の場合、上司と上手くいかなかった時がそうでした。まだ入社したばかりってこともあり、ストレスの発散方法を知らなかったんですよね。なんでも真正面から受け止めてようとしていました。

その上司と上手くいかないことで

  • この先どうなるんだろう?
  • ずっとこの仕事を続けていくのか…

という不安を抱えるように。平日に自宅に帰ってからでも、休みの日でも、とにかく仕事のことばかり考えていました。まさに”心に余裕がない状態”ですね。

仕事のことを忘れるくらい、何かに夢中になってみる

結論から言うと、心に余裕がない時こそ何かに夢中になってみたら良いと思います。

心に余裕がない時って、そのことしか頭にないんですよね。先ほども書いたとおり、私は本当につらい時期には仕事のことばかり考えていました。

あるとき、以前は楽しめていたアニメやゲームが全く楽しめなくなっていることに気づいたんです。仕事のせいで娯楽を失いつつあることに恐怖を感じましたね。「大好きなアニメやゲームがなくなったら、自分には何が残るだろうか…」と。

それを自覚してから、以前の楽しさを取り戻すかのように、自分の好きなことに夢中になってみました。”現実逃避”といった方が正しいですかね。とにかく、仕事以外の違う世界に逃げたかった。

すると、アニメやゲームが自分にとっての支えになっていると分かりました。「自分にはこれが必要なんだ」と、大事なモノを取り戻したような感覚ですかね。

それ以来、心に余裕がない時こそ自分の好きなことをするようにしています。

将来に役立つことじゃなくても構わない

”夢中になれること”は、将来に役立つことじゃなくても構わないと思っています。

私なんかアニメとゲームですからね。客観的にみれば時間を消費するだけの非生産的な趣味かもしれません。でも、私にとっては数少ない”夢中になれること”。

大事なのは、「つらい時にどうやって心に余裕を取り戻せるか」です。なので、将来に役立つかどうかは関係ありません。

まとめ

何か夢中になれることがあると、それだけで生きるモチベーションになります。私にとっては、アニメやゲーム、今ではこのブログもそうです。

本当につらい時は、もしかしたら遊ぶ気なんて起きないのかもしれません。でも、だからこそ、何かに夢中になってみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
HSPブロガーのシラカワサトです。 社会人2年目にしてブラック上司のもとで働くことになり、精神的に追い詰められた結果、自分がHSP(敏感気質)であることを知りました。 以来、自分と同じHSP気質の人の力になりたいという想いで、ブログやTwitterで情報発信しています。 詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)