私が学生時代に試した「過干渉な親とベストな距離感でいる4つの方法」

f:id:shirakawa_sato:20181112101837j:plain

 

私は学生時代〜社会人なりたての頃まで、過干渉な親(とくに母親)に悩まされていました。

 

こちらの都合などお構いなしで、事あるごとに口出ししてくるんですよね。私のことを心配してくれる気持ちはありがたいですが、正直、鬱陶しかったです。

 

そこで「同じ境遇な人もいるんじゃないかな?」と思ったので、今回は、「過干渉な親とベストな距離感でいる4つの方法」を紹介していきます。

 

  • 親が過干渉で困っている
  • 親との距離感が分からない

という人の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

過干渉な親と一緒にいることの怖さ

 

過干渉な親と一緒にいると、色々なデメリットがあります。

 

  • ”自分”が分からなくなる
  • 自分も親も自立できない(共依存)
  • 親の目を気にするあまり、行動が制限される

などなど。

 

私には兄がいて、その兄が上記のような状態。つまり、いまいち自立しきれてない感じなんですね。

 

「本人に原因があるんじゃないの?」と言われたら確かにその通りですが、過干渉な親にも原因はあると思っています。

 

過干渉な親とのベストな距離感って?

 

過干渉な親とのベストな距離感は、適度にドライな関係だと考えています。

 

「ちょっと冷たくない?」と思うかもしれません?

 

でも、この記事を読んでいるあなたが干渉され過ぎることを嫌っているのだとしたら、あなた自身が、自分のペースを乱されたくないと思っている傾向にあります。

 

そして、自分のペースを守るには必要以上に干渉し合わないことが大事です。

 

例えば私の場合、

 

  • 自分からはあまり話しかけない
  • 聞かれたくないことには答えない
  • 自宅にいてもずっと部屋にこもっている

といったことを意識しています。もともと内気な性格というのもあり、実家にいた頃は上記のような感じでした。

 

相手が親であっても、「心理的に踏み込まれたくない領域」は守りましょう。

 

 

「じゃあ、そのためにはどうすればいいの?」ということを、次で書いていきます。

 

スポンサーリンク

過干渉な親とベストな距離感でいる方法

 

親と一緒にいる時間を減らす

 

親と一緒にいる時間を減らすことで、「親が干渉できない領域に自分がいること」を分かってもらうのが目的です。

 

例えば、

 

  • 定期的に友達と遊ぶ
  • バイトのシフトを増やす
  • 部活やサークルに打ち込む

などなど。

 

外部の活動に時間を費やすことで、親と一緒にいる時間は自然と減っていきます。

 

過剰なコミュニケーションを避ける

 

過干渉な親と距離をとりたいのであれば、過剰なコミュニケーションをとるようなことは避けましょう。

 

でないと、ますます距離感が分からなくなってしまいますから。

 

年相応のコミュニケーションをとるのがポイントですかね。

 

例えば大学生にもなって、自宅のリビングで意味もなく長時間の談笑、というのは個人的にどうかと思ってしまいます。他にやるべきことがあるだろう、と・・・。

 

嘘をついてもいいと知る

 

親が過干渉だと、身近なことから触れられたくないことまで、あれこれと聞かれると思います。

 

  • 明日は何時起き?
  • バイトは何時に終わるの?
  • 今日はどこに行ってたの?

こんなのが日常的に続くと、鬱陶しくなってきますよね。

 

 

だけど、答えたくないことには答えなくていいし、嘘をついても構わないと私は思っています。

 

親だからといって自分のことを全て喋らないといけないかというと、そんなことありません。

 

物理的に距離をとれたら最高

 

上述した「親と一緒にいる時間を減らす」と似ていますが、こちらは「ひとり暮らしなどによって環境そのものを変えてしまおう!」といった意味合いになります。

 

ちなみに私は大学時代、ひとり暮らしがしたいと親に頼みましたが見事に反対されました(笑)

 

それはさておき、社会人になってから実家を離れて分かったのは、「親と物理的に距離をとることでベストな距離感がみえてくる」ということです。

 

物理的に距離をとることで自然と心理的な距離も開きますし、そうすると冷静に「家族との関係性」をとらえることができます。

 

うちの親は、私が実家にいるときこそ色々と口を挟んできていましたが、ひとり暮らしを始めた今では全く干渉してこなくなりました。

 

この記事を読んでいるあなたが過干渉な親に悩んでいて、ひとり暮らしができる境遇にあるのだとしたら、ぜひオススメしたいです。

 

親だからといって誠実である必要はない

 

最後に知ってほしいのは、「親だからといって誠実である必要はない」ということ。

 

なぜなら、誰にだって触れられたくない領域があるからです。

 

いくら親子の関係といっても、「どこまでなら踏み込んでいいのか」はお互いのためにも線引きしておくべきだと思っています。

 

おわりに

 

「過干渉な親とベストな距離感でいる4つの方法」を書きました。

 

まとめると、

 

  • 親と一緒にいる時間を減らす
  • 過剰なコミュニケーションは避ける
  • 嘘をついてもいいと知る
  • 物理的に距離をとれたら最高

過干渉な親に悩まされている人は、試してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK