男性HSPが少ないのではなく、男性はHSPを知るキッカケがないだけ

f:id:shirakawa_sato:20181014221818j:plain

 

先日、男性HSPの知り合いと飲みに行ったとき、「男性HSPって少ないよね」って話になりました。

 

たしかに、TwitterでHSPの方と絡んでも色々なHSP関連の交流会に参加しても、男性HSPって少ない印象です。

 

「どうして男性HSPって少ないんだろう?」と考えた結果、男性の場合は「HSPを知るキッカケ」がないだけだと気づいたので、今回はそのことをお話しします。

 

 

男性HSPは本当に少ない?

 

私の経験からいうと、たしかに男性HSPって少ないです。

 

TwitterでHSP同士のつながりをもっても、HSP関連の交流会に参加しても、です。

 

「HSPカウンセラー講座」なるものに参加したときは、参加者50名のうち、男性は私含めて3名でした。

 

周りが女性ばかりだったので、変に緊張しちゃいました(笑)

 

なので男性HSPの知り合いがいることは、個人的には大きいですね。男性ならではの悩みを相談できますから。

 

男性の場合は「HSPを知るキッカケ」がないだけ

 

男性と女性とでは、HSPの数は変わらないです。性別問わず、5人に1人という割合で存在するはずなので。

 

そこで私は、男性の場合は「HSPを知るキッカケ」が極端に少ないんだと気づきました。

 

なぜなら、社会がつくりだした”男らしさ”という固定観念がジャマをするから。

 

”男らしさ”と聞くと、私は以下のようなものをイメージします。

 

  • 肉体的なタフさ
  • くじけない精神力
  • リーダーシップ
  • 決断力

などなど。とくに社会に出れば、上記のようなものが男性には求められるかと思います。

 

でも、社会がつくりあげた「男性はこうあるべきだ」という理想像と、HSPの特徴である”繊細さ”はかけ離れすぎているんですね。

 

だから本当はHSPであったとしても、

 

  • もっと男らしくなきゃダメだ
  • 自分はなんて情けないんだ
  • こんなんじゃ社会でやっていけない

となり、HSPの特徴である”繊細さ”を隠して、男らしくあろうします。

 

その結果、自身がHSPだと知るキッカケを逃すことにつながってしまうんですね。

スポンサーリンク

 

”らしさ”という言葉は、時にその人の「本来の姿」を否定することになる

 

”らしさ”という言葉は使い方を間違えると、その人の本来の姿を否定することになると、私は考えています。

 

”らしさ”は、社会や他人が勝手につくりあげた「こうであってほしい」という理想像だからです。

 

しかし、理想と現実は必ずしも同じではありません。

 

”男らしさ”とHSPがもつ”繊細さ”の関係がまさにそんな感じで、社会が男性に対して求めるものと男性HSPの本来の姿はかけ離れています。

 

 

社会がつくりあげた男性の理想像と、そうなれない本来の自分とのギャップに苦しむ男性HSPの方は多いのではないでしょうか。

 

社会がつくりあげたイメージに縛られず、「本来の自分」を受け入れる

 

社会がつくりあげたイメージに縛られるのって、すごくもったいない気がします。

 

社会に適応しようとするのに必死だと、その人の「本来の姿」を見失ってしまうからです。

 

ここでいう「本来の姿」とは、HSPであり「繊細さ」や「豊かな感受性」をもっていること。そして、それに気づくことが大事です。

 

そのためには社会のイメージに縛られず、「自分はこういう人間なんだ」と受け入れることが必要。

 

実際に私は、以下のようなことで生きづらさを感じることだってあります。

 

  • ささいなことに敏感
  • 色々なことに気づいてしまう
  • 人前に出るのが苦手

しかし、こんな自分を受け入れてもいます。

 

そんな自分に気づけたから「HSP」を知ることもできたし、この先どうやって生きたいのか考えるようにもなりました。

 

「本来の自分」を受け入れることが、自己理解につながると考えています。

 

おわりに

 

HSPを知らずに、あるいは気づかないフリをして、社会で苦しんでいる男性は多いように思います。

 

そういう方こそ”男らしさ”という言葉に惑わされずに、「繊細な自分」を受け入れてほしいですね。

 

社会がつくりあげたイメージに縛られるのは、非常にもったいないです。

 

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK