繊細で生きづらい?それってHSP(敏感気質)かも

f:id:shirakawa_sato:20180819180557j:plain

  • 繊細で傷つきやすい
  • ささいなことに動揺してしまう
  • 気を遣いすぎて疲れてしまう

といった理由から生きづらさを感じているなら、あなたはHSPという敏感気質かもしれません。

かくいう私もHSPでして、仕事の人間関係が原因でメンタルをやられているときに、たまたま書店で手に取った本がきっかけで自分がHSPであると知りました。

今回は、

  • HSPってなに?
  • なぜ生きづらさを感じてしまうの?
  • この生きづらさを解消するには?

といったことをお話していきます。

「繊細で生きづらい・・・」と悩んでいる方にぜひ読んでほしいです。

HSP(敏感気質)とは?

HSPとは「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の略で、「感受性が強い人」や「ひといちばい敏感な人」のことを表します。なので、敏感気質なんて言われることも。

アメリカの心理学者であるエレイン・N・アーロン博士により提唱された概念で、5人に1人の割合で存在します。5人に1人というと意外と身近な存在に思えますが、残念ながら日本での認知度はまだまだ低いのです。なので、あなたが知らないのも無理はありません。

ちなみにHSPは病気でも障害でもなく単なる”気質”で、先天的に生まれ持った”特性”とでも言うべきでしょうか。

繊細で生きづらいのはHSPのせい?

「なんでこんなに生きづらいんだろう・・・」と、繊細で傷つきやすい人なら一度は思ったことがあるかもしれません。

実は、その生きづらさはHSPの特徴が原因だったりします。もちろん、すべてがHSPによるものではないですし、なんでもかんでもHSPのせいにするのは良くありません。しかし、HSPの人が抱えている生きづらさには、「繊細さ」や「敏感さ」といったものが少なからず影響していると私は考えています。

繊細なHSPの5つの特徴

「感受性が強い人」「ひといちばい敏感な人」ってどういうこと?って思いますよね。

私がHSPを知るきっかけとなった『「敏感すぎる自分」を好きになれる本』によると、HSPには次のような5つの特徴があります。

  • あらゆる刺激に敏感
  • 他人の感情に強く影響される
  • 直感で物事を判断する
  • 慎重であり、自分のペースを乱されたくない
  • 内的生活を大事にする

もう少し詳しくみていきましょう。

あらゆる刺激に敏感

HSPはあらゆる刺激に敏感なのが大きな特徴です。

刺激とは五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)からキャッチする情報のことで、さらには五感を超えた感覚(スピリチュアル的な要素)にも敏感だと言われています。

生きづらさを感じる人の中には、「なにかと疲れやすい」という人もいるでしょう。

HSPが疲れやすいのは、あらゆる刺激に敏感なため、刺激過多になりがちだからです。つまり、ささいなことでもHSPの人にとっては大きなストレスになり得るということ。

「どんな刺激に敏感か」は人によって違っていて、私の場合は大きな音(バイクやトラックの走行音)が苦手で、すぐ横を通っただけでもビックリして心拍数が跳ね上がりますし、悪い意味でドキドキします。

また、洋服の肌触りが気になるタイプでして、制服やスーツのチクチクがすごく苦手です。

他の人からすると大したことないように思えても、HSPからすると耐え難い苦痛で、それが積み重なると生きづらさを感じてしまいます。

あなたはどんな刺激に敏感ですか?

他人の感情に強く影響される

自分と他人との境界線が薄く、「他人の感情に影響されやすい」というのもHSPの特徴です。

  • 誰かが怒られていると、自分までつらくなってくる
  • 職場のピリピリした空気感に耐えられない
  • 友達の愚痴に付き合っていたらネガティブな気持ちになった

という経験はありませんか?

他人の感情に影響されやすいというのは、良くも悪くも「共感力が高い」ということです。

共感力の高さを活かせればいいのですが、HSPの人の多くは他人のネガティブな感情に引きずられてしまい、生きづらさを感じる傾向にあります。

直感で物事を判断する

HSPは何かを決断するとき、理屈や根拠は抜きにして「これだ!」と直感で判断することが多いです。

で、不思議とその直感が当たってたりするんですよね。

私の場合だと、何かを行動に移すときは「好き・嫌い」で判断します。

「なぜ好きなのか」「なぜ嫌いなのか」は別として、好きならやるし、嫌いならやらない。

自分の気持ちに正直で、嫌いなものには一切の興味がもてないんです。

慎重であり、自分のペースを乱されたくない

HSPは仕事にしろプライベートにしろ、つねに慎重です。

なぜ慎重なのかというと、自分を守るためだと私は考えています。忙しい日々が続いたり、一日にいくつものタスクをこなしたりすると疲れてしまいますからね。

できるなら自分のペースで行動したいと思っていて、仕事に期日を設けられる、作業を急かされる、といったことはストレスになります。

  • 人に見られていると集中できない
  • 急かされるあまり仕事でミスをしてしまった

といった経験はありませんか?

かくいう私も経験済みで、仕事で急な作業を振られたり、やらなきゃいけないことが何個もあったりするとテンパってしまいます。

自分のペースでやれば本来の力を発揮できるのに、繊細でない人たち(非HSP)が多数派の社会はそれを許してくれませんから、HSPが生きづらさを感じるのは当然だと思います。

内的生活を大事にする

HSPのほとんどは「内向型」だとされています。

内向型の人というのは、他人の趣味やプライベート、流行、ニュースといったものにはあまり関心がなく、自分の内面と向き合うのが好きだったりします。また、「人生の意味とは」「生死とはなにか」といった人間の本質的な部分や、哲学っぽいことについて思考を巡らせるのが好きな傾向も。

HSPが妄想や空想に耽りやすいのも、内的生活を大事にしているからでしょう。

しかし自分の内面への興味が強い分、他人とのコミュニケーションが苦手な人も多く、「内気」や「引っ込み思案」と誤解されてしまうこともあります。

HSPは先天的な”気質”なのに対し、「内気」や「引っ込み思案」というのは生まれ育った環境に起因して後天的に備わる”性格”ですので、HSPとそれらの性格が必ずしも結びつくわけではありません。

HSP診断。あなたはいくつ当てはまる?

HSPについてなんとなく分かってきたところで、「自分ってHSPなのかな?」と気になる人もいるかと思います。

そこで、『敏感にもほどがある』に記載されているHSP診断を紹介しますので、ぜひやってみてください。

HSP診断は色々な書籍やサイトで掲載されているので、もしかしたら同じものを見たことがあるかもしれません。

以下の質問のうち、12個以上当てはまればHSPである可能性が高いです。

また、当てはまる項目が少なくても、その度合いが極端に強ければHSPかもしれません。

  1. 自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ
  2. 他人の感情や体調に左右される
  3. 体の不調(痛みや不快感)にとても敏感である
  4. 人に会ったあと、疲れてひとりになりたいと思う
  5. カフェインに敏感に反応する
  6. 服の肌触りや着心地が気になる
  7. いつのまにか空想にふけってしまう癖がある
  8. 他人の会話に無意識に注意が向いてしまう
  9. 宗教的なものスピリチュアルなものに関心がある
  10. 芸術や音楽などクリエイティブなことが好きだ
  11. ウソをつくとひどく良心がとがめる
  12. ちょっとしたことでも、びっくりしやすい
  13. いろんな事を同時にするのが苦手であり、混乱してしまう
  14. 言葉にならない他人の気持ちによく気がつく
  15. 物を忘れたり、ミスをしないように気をつける
  16. 何かに気を取られてミスすることが多い
  17. ことばのニュアンスが気になってしまう
  18. 刺激が多いとイライラすることがある
  19. 空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる
  20. 引越し、模様替えなど生活の大きな変化が負担である
  21. グループにいると自分らしくいられない
  22. 人目がとても気になる
  23. 競争させられることがきらいだ
  24. 理由もなく気分が良かったり、悪かったりする
  25. 子どものころ、周囲の大人や子どもから、内向的であったり、内気と思われていた

引用:『敏感にもほどがある』(著:高橋 敦)

スポンサーリンク

どうでしたか?

ちなみに私は22個当てはまりました・・・。

生きづらい原因が分かれば、対策をとることができる

上記の診断と合わせて、「自分はどんな刺激に敏感なのか」「どんなときに生きづらさを感じるのか」が分かれば、対策をとることができます。

そして、対策をとることができれば、今よりも生きやすくなります。

例えば、

  • 大きな音が苦手→外出時は耳栓やイヤホンを持ち歩く
  • 不快な匂いで気分が悪くなる→マスクで防止する
  • 洋服の肌触りが気になる→インナーを活用する
  • 他人が怒られているのを見たくない→なるべくその場から離れる
  • 他人と一緒にいると疲れてしまう→ひとりの時間を多くとる

などなど・・・。

また、刺激を未然に防ぐだけでなく、「心身ともに疲れ切ってしまったときにどうやってケアするか」も大事です。

生きづらさへの具体的な対処法については、以下の記事に書いてあります。よかったら参考までにどうぞ。

 

繊細さは治すのではなく、克服して自分の強みとするもの

HSPを知ると、「この気質って治らないの?」と思う人が多いですが、HSPは生まれ持った気質だから治すことはできないんですね。

しかし、克服して自分の強みとすることはできます。

実際に、HSPの人は感受性の強さから芸術分野に興味を示す傾向にあるし、直観力に優れている人も多いです。また、色々なことに気づくため、問題解決力に長けている人もいます。「繊細さ」や「敏感さ」は悪いことばかりではなく、良いこともあるんです。

HSPをまだ知らない人、知ったばかりの人はそれに気づいてないだけ。私も以前までは、気質の悪いところにばかり注目していて、「自分はなんてダメなんだろう・・・」なんて思っていました。

しかし、HSPについて学び、自分の気質と上手く付き合うことができるようになってから、「繊細さ」や「敏感さ」を楽しめるようになったんですね。

今はまだ分からなくても、HSPをもっと知り、その気質を活かすことができれば、きっと今より生きやすくなりますよ。

おわりに

HSP(敏感気質)について書きました。

「繊細で生きづらい。だけど生きづらさの原因が分からない・・・」という人も、自分の気質について知ることができたのではないでしょうか?

先述したとおり、「どんな刺激に敏感なのか」「どんなときに生きづらさを感じるのか」が分かれば、これから対策をとっていくことができます。

この記事が、そのための参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 繊細で生きづらい?それってHSP(敏感気質)かも […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK